声の達人になるためのブログ

問題は人生で常に登場して解決されていく

声優に求められる能力・資質とは?

アニメや洋画などの声を吹き込む声優は昔は作品を支える裏方でしたが、いまでは歌やグラビアなど幅広い分野で活躍する注目を浴びる職業となっています。

 

そんな声優になるためにはどのような能力・資質が必要なのかというと、まずは何よりも人を惹きつける声を出せることです。

 

それは可愛い声やかっこいい声だけに限定するものではなく、悪役らしい声や親のように優しい声など他の人とは差別化できる声であることが望ましいです。

 

ただ、勘違いしてはいけないのが、いわゆるアニメらしい声を出せれば良いと思うことです。確かに可愛い声やかっこいい声というのは、必要な時はあります。

 

しかし、キャラクターがどれだけ変わっても同じ演技しかできない、というのは逆に制作側としては使いにくくなってしまいます。それに声優はどんどんと若い世代が出てきているのですから、過去に放送されたアニメのキャラクターをものまねしたような声しかできない実力ではいずれ消えて行くことが必至です。

 

声真似ではなく本当の演技をするためには、アニメだけではなく舞台など他の場所で行う演技も経験しておくと良いでしょう。

 

それから営業力も必要です。

 

事務所に所属していれば、仕事を自動的にくれると思ったら大間違いで、オーディションで数多くの競争相手に勝ち抜いていかなければ役は手に入りません。でも、仕事をこなしていくうちに、制作側から役を演じて欲しいというオファーが来ることもあります。

 

それは演技力が認められたから、という場合もありますが、監督や音響監督と親しくなったから参加できるということもよくあることです。事務所から独立してフリーになったならば、なおさらそういうコネをつくらなければ仕事が手に入りにくいのが現実です。

 

営業力というのは、媚を売れというのではなく、自分という存在を認識してもらうために積極的にアピールする力といったほうが良いでしょう。顔と声を覚えてもらえば、いつかはわからないですがオファーが来る可能性がでてくるので、それをいろんな現場でやっていき仕事が切れないようにしていくことが続けていくコツです。

 

こういったことは、養成所などで学ぶものではありませんから、自分で努力をしなければいけません。

それ踏まえて声優になりたいと人に求められる資質は何かというと、誰とでも話をする事ができる積極性を持っていることです。

 

現場で仕事仲間との挨拶から始まり、監督や音響監督などに行う営業、支えてくれるファンへの対応などコミュニケーションを取らなければいけない場面が山程あります。

 

ただ引っ込み思案な人でも、仕事をこなしていく間に変わっていくことは出来ますから心配はいりません。

声優の勤務時間や休日って、どんな感じ?

声優という職業は様々な働き方のスタイルがあり、当然勤務時間も同じにはなりません。

 

例えばひとつだけ仕事を抱えている人が午後レコーディングをして、そのまま1日の仕事がないということもあるのです。一方でたくさんの仕事を抱えている人もいます。午前から午後までスケジュールが詰まっていて全く余裕がない人もいます。

 

このように勤務時間をある程度自分で選ぶことをできますが、仕事のオファーを受けなければ、それだけレコーディングや打ち合わせに費やす時間も減ります。

 

勤務時間も減りますので、そのためライフバランスを大切にしたいという人は勤務時間を減らすことも不可能ではありません。そして勉強にもっと間を充てることもできるのです。

 

ただしギャラも生活も苦しくなっていくので、あまり仕事を減らすことはできません。

 

なかにはアルバイトなどの仕事を掛け持ちしている人もいます。勤務時間は少ないとはいえ、飲み会交流会などに結構時間が取られることも多いです。

 

それから仕事のたびに仕事環境が変わるので、新しい仕事仲間とすばやく仲を深めなければいけません。なのでこうして飲み会はかなり重要ポイントになってくるのです。たくさん仕事を抱えている場合ですと、スタジオ間の移動の時間もかかります。場合によっては東京と大阪を往復するようなこともあります。

 

所属プロダクションも勤務形態に影響を与えます。たくさん働くことを要求するプロダクションもありますし、自由に働く時間が選べるプロダクションもあります。プロダクションを慎重に選ぶことが必要になってきます。

 

自宅でレコーディング作業ができるというような仕事も、最近は増えてきました。

 

ナレーションなどの場合ですと、こういった働き方も増えてきています。

 

一般の会社員と比べると休日なども安定しておらず土日の休みは多いとはいえスケジュールが立て込んだりすることもありますし、レコーディングがはかどっていない場合は土日も出勤しなければいけないようなことも多々あります。

 

吹き替えの仕事にしても厳格に納期が決まっていますので、その納期に間に合わせるために徹夜をすることも。レコーディングは声優業の苦労のひとつです。

 

柔軟に働けますが他の普通の一般会社員とスケジュールが合わないこともあります。徹夜に近い状態で働いたりしていることも多いので、やはりモチベーションを維持するのが大変になってきます。

 

重要なのはアニメや映画がかなり好きであるということです。フルタイムで働かなくてもいいですが、自分でスケジュールをしっかり立てるフリーランサー的要素が必要です。

オーディションで声優養成所の特待生を目指そう!

声優になる為に養成所のオーディションを受ける人は大勢いますが、やはり重要となってくるのは、特待生を目指すと言うことです。声優養成所はそもそも声優事務所に付属している状態です。では、なぜ事務所が養成所も用意しているのでしょうか。その大きな理由が良い人材を見つけ出すと言うことと、事務所の運営費を稼ぐ為です。

ただ知っておくべきなのは、養成所に通ったからと言って必ず事務所の方に所属できるとは限りません。通常のお稽古事の様に、ずっと通い続けるだけと言う事もあり得ます。もちろん養成所に通う人がいれば、その養成所自体はレッスン費用を収入として受け取る事が出来ます。

つまり、結果的にはその養成所を運営している事務所の運営費を稼ぐ事に繋がるのです。

しかし特待生になれば、レッスンの費用や割安になるだけでなく、時には全額免除となる事も珍しくありません。つまり、よりお得に声優になるための勉強ができると言う訳です。

また、既にオーディションの時から事務所の方では将来的なことを考えて採用する人を決めています。それだけその人に対して期待しており、将来的には事務所にそのまま所属する事も決して夢ではありません。

既にスタートする所から事務所や声優養成所の力の入れ方、注目度合も変わってくる事は決して珍しくないので、まずはオーディションで特待生を狙い、そこからドンドンステップアップしてみるのもお勧めの方法なのです。

もちろん、あこがれている声優の人が居て、その人が所属している事務所の声優養成所にどうしても通いたいと考えている場合も有るでしょう。そんな時は夢を追いかけて自分の希望する養成所に通う事も一つの選択肢です。

しかしもしどこに通いたいかは決まっていない、取りあえず声優養成所に通って声優になる為の勉強をしたいと考えているなら、オーディションで特待生になれたかどうか、と言うことで養成所をきめるのも一つの方法と言えます。

現在、日本では声優と言う仕事も注目を集めており、事務所はもちろんの事声優養成所も数多く存在しています。もちろん運営している事務所も様々で、その規模も違っています。

ただ共通しているのは出来るだけ自分の夢に近づきたいのであれば、やはり特待生になれるかどうかという事は重要になってくると言う事です。

従って、オーディションを色々つけてみて何か所もの養成所で合格していた場合は、最も良い結果となった所を選ぶ事をお勧めします。

 

声優志望から事務所所属になれる確率は?

f:id:ajoraop:20180327153201j:plain

 

日本で作成されるアニメーション作品は数多く、国内を始め世界中で日本製作のアニメーションが人気になってきています。作成される本数に比例して、作品のキャラクターに命を吹き込む声優という仕事の需要もとても高く、人気作品に参加している声優はアイドル並の人気の高さから、テレビへの出演から単独コンサートまで幅広い場面で活躍している傾向にあります。


しかし実際にアニメーションや映画、テレビやラジオのナレーションなど一線で活躍するのはたくさん活動している声優の中でも一握りといわれているほど、厳しい世界と言われています。そもそも仕事として活躍することを目指している声優志望の人数は、日本国内でも約30万人以上の人数です。そこから少しでも仕事を始めることが出来るのは約1万人といわれており、さらに声の仕事だけで食べていける人は約300人とかなり低い確率となっています。


そのため確率としては、声の仕事につく、ただそれだけであれば30万分の1万で、確率でいうと約3パーセント、30人いたら声優になれるのは1人だけという計算になります。

さらに声だけで食べていける人は、さらに減り300人となるので、実際に売れっ子になるためには0.1パーセントという確率になるのです。しかしアニメ需要が高まっている今、声の仕事に就きたいと思っている若い世代の方はどんどん増えてきており、最近では専門学校や養成所なども数が増えてきている傾向にあります。

実際に専門学校や養成所に入ったからといって、全員が実際にプロになれるわけではなく実際に事務所に入ることが出来る人間は約2割〜3割程度とかなり少ないです。ただ事務所の中もいきなり正式所属とはいわずに正所属、準所属、預かり所属と所属のランクがあるので、その中で少しでもオーディションに挑戦して仕事を得ていかないと、せっかく事務所所属になったとしても、そのままやめていってしまう方も珍しくありません。


特に預かり所属の場合は、大抵は声の仕事だけではやっていくことができない場合も大半なので、他の仕事と掛け持ちをしている方も多いですし、アニメやゲームなどの華やかな仕事だけではなく、テレビナレーションや企業プロモーションナレーションなど硬めの仕事をメインに仕事をする方も多いです。


実際にプロを目指している人は、他人が持っていない自分の個性や強みを全面煮出していかなくては生き残っていくことができないため、養成所や専門学校に入る場合も声の表現の質を上げる必要があります。

 

日本ナレーション演技研究所・名古屋校の特徴

名古屋をはじめ全国で多くの有名人を誕生させているこの学校では、仕事しながらや学校に通いながらでもレッスンが受けられる、週に1回3時間の演技レッスンで声優を目指せるレッスンシステムを採用しているのが特徴です。


レッスンを受けたいが自信がないなどと悩んでいる方のために、レッスン前に声優スターティングセミナーを実施し、心の健康を取り戻してから通常のレッスンが受けられます。
受講生で力量を認められた方や卒業生には、グループプロダクションのマネージメント対象として、マスコミへの売り込みを行なう強力なバックアップ体制も整っています。
そのほかにも、より感性を養うために演技やボーカル、ダンスなどのレッスンも実施しています。

インターナショナル・メディア学院・名古屋校の特徴

アニメ界の有名人が学長を務めているこの学校では、スピードデビューや人気番組にレギュラー出演している卒業生が多くいることで評判です。

通信声優講座を用意しており、インターネット環境さえあればどなたでも、好きな時間に自分のライフスタイルに合ったレッスンが受けられるのが特徴です。

声の出し方や腹式呼吸をはじめ、朗読や演技などを充実した内容の動画やテキストで学ぶことができ、無料で登録ができ、全工程を学ぶ際には、別途有料の会員登録が必要です。

養成所に入所する場合には、この会員登録費が入所金となるため実質無料で通信講座を受けられることができるのがポイントです。

卒業後には、名古屋はもちろん東京でも地方にいても声優としてテレビアニメで活躍ができる、無料オーディションも設けています。

演技力を磨くために日頃から意識してやっておくべきこと

テレビや映画、舞台で活躍される役者の方を見て、自分もこんな素晴らしい演技をしてみたいと思われた方もいらっしゃることだと思います。


今第一線で活躍されている方も、誰にだって演技初心者だった頃があります。しかし努力をし、経験を重ねた上で今があるのですから、例え今が初心者だったとしても、地道に努力を積み重ねていくことで同等、それ以上の演技力を得られるということも夢ではないはずです。

 

そもそも、演技力とは一体どういうものなのでしょうか。


感情豊かに台詞を言うことでしょうか。役にのめり込み、なりきることを言うのでしょうか。


恐らく上記のどちらもまちがってはいないのかもしれませんが、どこか独りよがりにも聞こえてしまいます。


演技力の根底にあるのは、コミュニケーションをとるということです。


登場人物たちのいる世界、自分以外のキャラクター、その場の状況といったものと上手くコミュニケーションが取れなければ、せっかくの演技もちぐはぐなものになってしまいます。


コミュニケーションをとる力が高いということが、演技の力量が高いということに繋がるのです。

 

演技力向上のためには、他にも押さえておくべきポイントがあります。
それが「発声」「表情」「表現」です。


コミュニケーション力と合わせて、これら基礎の力をつけることで演技の力量も上がっていきます。


まずは「発声」です。


声が相手に届いていなかったり、お客さんに聞こえていなければ、どんなに良い演技をしていても意味がなく、表現が出来ていないと思われても仕方がないと言えます。


声をはっきり、また大きく出すポイントはお腹を上手く使うことです。


よくお腹から声を出せと言ったりしますが、あれは声を出す際お腹に圧をかけることで、声を大きく、通りやすくするからなのです。


お腹から声を出すために、まず腹式呼吸に慣れることから始めてみるのがいいのではないでしょうか。


やり方としては、最初は仰向けに寝転がり、お腹が膨らむのを意識しながら呼吸をします。


徐々に慣れ、出来るようになってきたら、立ち上がった状態で同じように呼吸をします。


立ち上がった状態でも問題なく出来るようになったら、「あー」と声を出しましょう。吸い込んだ空気が吐き出されることで腹圧がかかり、声量も大きくなっているはずです。


出している声がクリアに聞こえるようになったら、きちんとした発声が出来ている証となります。


発声は続けていくほどに良くなっていきます。毎日こつこつと練習をすることが重要です。


次に「表情」です。


悲しいけど笑っている、笑っているけど怒っているなどの感情には様々な例外がありますが、基本的に人間の感情は喜怒哀楽です。


鏡の前で様々な感情を表す表情を作り、自分がどんな顔をするのか把握しておくことも大切です。


自分の顔を鏡で見ることはあっても、表情を持った顔を見ることは中々ないものではないでしょうか。定期的に確認することで、表情のトレーニングにもなります。


最後に「表現」です。


表現が上手く出来ているかは自分では分かりづらいものです。


きちんと相手に伝わっているかは、他者でないと分かりません。演技しているところを誰かに見てもらい、感情や思いなどきちんと伝わったかどうか確かめてください。


相手に伝えるということが演技では最も大切です。独りよがりの演技にならないよう、心がけてください。

 

とはいえ練習やトレーニングさえしていれば、演技が上達していくかといえばそうではありません。


実は身の回りにも演技上達に繋がるヒントが落ちているものです。


例えば、台本を覚えるという行動。台詞を覚えようと、つい自分の台詞だけに目を通しがちですが、それでは演技に良い影響を及ぼしません。


先述したとおり、演技はコミュニケーションで成り立っています。自分の台詞の抜粋だけではコミュニケーションになりません。


何故、自分がこの台詞を言うのか。何故、相手からこの台詞を投げかけられるのか。


言葉一つ一つに「何故だろう」の気持ちを持ち、その言葉に込められた感情や考えを読み解くことが演技をする中で大切になっていきます。


また、役者さんの中にはよく人間観察を趣味としておられる方がいらっしゃいますが、あれも演技力の向上に一役買ってくれます。


役者の表現力は、自分の引き出しの中にどれだけの経験が詰まっているかに係っています。


勿論自分が経験したことも重要ですが、その物事を目にするということだけでも大きな糧になります。


自分が感銘を受けたもの、街で出会った人や、起こった物事などノートに書き起こしていくなどして、覚えておくということが、明日の表現力に幅を作っていきます。

 

小手先の演技では誰も感動しないばかりか、何の感情も抱けずしらけてしまいます。
努力の一つ一つは小さく、地味なものも多いですが、それがいつか演技をする中でなくてはならなかったものになるのではないでしょうか。


憧れの舞台に向かって、まずは一歩踏み出してみてください。